スマートフォン向けアプリが増えてきています。メルマガよりも4〜5倍開封率が高いとのことで、販促ツールとして定着してきているのでは?と感じます。弊社は、設立当初からスマホアプリサービスを提供しています。
しかし、スマホアプリは導入したはいいが、運用や分析までとなると、人手不足の昨今、なかなな手が回らないユーザが多いと思います。
そこで、今回は、操作も比較的簡単にでき、コストパフォーマンスもいい、ビッグデータ分析ツールTableau(タブロー)をご紹介します。弊社では、Tableau desktopを使ってスマホアプリデータや太陽光発電量、天候データなどの分析を行っています。

この分析ツールであるTableauのおかげで、ビッグデータを分析するだけでなく、複雑なデータをビジュアル(視覚)的にも、分かりやすくレポートすることができています。
弊社がTableauを本格的に活用するようになったのは、毎年USで開催されるTableau社のイベントに参加してからです。(Tableauの本社は米国シアトルです。)世界中の著名なデータアナリストや企業担当者が登壇するセッションに参加したり、実際にTableauを使って課題を行うハンズオンセミナーにも参加しました。


Tableauカンファレンス2017(TC17)のパス

TC17の会場の様子(ラスベガス)

そこで感じたのは、最近多くのデータが公開(オープン)されており、そのデータリソースをどのように活用するかが、ビジネスの肝になってきている。そして、Tableauを活用することで、弊社のような小さな企業でも、かなりのレベルでマーケティング分析できるようになってきているのだと感じたのでした。
このTableauは、無料で試用できますので、ぜひ一度お試しください。(トライアルはこちらから)
エクセルよりも直感的に、分析できる素晴らしいツールだと思います。
#今年のTC19の受付も開始してます。