再生可能エネルギー(再エネ)は、社会インフラとして今後様々な展開が期待されています。それは、新しい資本財としての投資対象として魅力があり、かつ利益が期待できるからです。

2015年4月には、インフラファンド市場が創設さて、現在4銘柄が東京証券取引所に上場しています。

特に太陽光投資は、法律により20年間固定で国が買い取ることが制度化されており、長期収益が得られる投資対象として注目されています。

また、2019年に多くの家庭用太陽光発電の電力会社への売電が終了する、いわゆる「2019年問題」は、既存の太陽光パネルで発電した電気を蓄電することで、新たな市場を生み出すものと期待が高まっています。

※固定価格買取制度

出典:インフラファンド銘柄一覧

アイ・ソット・スマート・プロパティサービスのご紹介

今回はアイ・ソット・プロパティ事業としての再エネインフラ投資として、太陽光投資情報サービスをご紹介いたします。

アイ・ソット・プロパティ投資情報サービスの特徴

その1

本サービスは、再エネに関する最新情報や弊社独自情報をご紹介しながら、実際に投資物件をご紹介しますので。再エネ投資をよく理解した上で、投資をご検討いただけます。

その2

以下にご紹介する通り、再エネインフラ投資は高い利回りを維持しながら、安定収益が得られるという特徴があります。

その3

アイ・ソット・スマートプロパティでご紹介する投資情報は、特に、南国沖縄での弊社が所有する太陽光蓄電池システムの稼働状況のご紹介や、太陽光を行う上で、最も適した不動産情報を、天候情報やパネル・蓄電池の性能に関する情報を考慮してご紹介するものです。

具体例はこちら(これはダミーデータです。)

こちらより、お気軽にお問い合わせください。